きっかけの灯り。

SHEEP

sheep

花屋から譲ってもらった、捨てられてしまう季節の植物を型に潜ませて、大豆油から精製したソイワックスを流し込む。コットン100%の細い糸を何十本と編み込んだ芯は、均一にロウを吸い上けて、柔らかな火をまっすぐに灯す。6年前、〈SHEEP〉の山川立真さんは食生活の改善を機に、食卓でも安心して使えるキャンドルを大豆油とコットン芯のみで作り始めた。現在では、有機栽培の植物の精油で香り付けしたアロマキャンドルのほか、新たなブランド〈S___P〉を立ち上げて、破棄される器の型を再利用した、受け皿作りにも取り組む。自分の身の周りにあるものか、何を素材にどのように作られているのか。SHEEPが作る優しいキャントルに火を灯すことから、ひとつずつ見直してみたい。

¥1,404

¥3,204

sheep
sheep