切り開く道具。

多鹿冶夫鋏製作所

tajika

兵庫県小野市に工場を構える〈多鹿治夫鋏製作所〉。1938年創業以来、4代にわたりプロ用、工業用の手作り裁ちバサミを作り続けて現在の職人は歴45年の3代目多鹿竹夫さんと、11年目で4代目の多鹿大輔さん。そこで暮らしに寄り添うハサミ〈TAjiKA〉は生まれた。「今まで先代たちが培ってきた技術を、受け入れてもらうにはどうしたらいいか」。約80年間培われてきた裁ちバサミの技術で切れ味はもちろん、手に取ったときのフィット感や、ちょうどいい重さ。使い古したような味のある雰囲気に、シャッキーンというするどい音色。その全てが道具として“切る”という行為を確かなものにする。使い古して切れ味が悪くなったとしても、リペアをお願いすることもできる。使っては直し、使っては直し。一生もののハサミは一生一人前を目指す。

¥9,720

¥9,720

¥4,860

tajika
tajika